医薬品登録販売者の給料の平均はどれぐらい?




こんにちは。

みなさん医薬品登録販売者の給料ってどれぐらいだと思いますか?

  1. 正規社員
  2. 非正規社員

どの雇用で働くかによって給料は変わってきます。

最初はこの2つの雇用形態の給料について話していこうと思います。

正規社員の平均給与

  1. 年収300~400万
  2. 月給20万

上記の金額を聞いて多いか、少ないかは人それぞれですが、自分的には少ないな。と感じています。

ドラックストアで働くと、店長などの役職になるともう少し給与は上がると思いますが、普通の正規社員ならだいたいの企業が平均20万ほどですかね。

労働時間がだいたい180~200時間ぐらいなので、時給に換算すると1000円ぐらいですかね!

180~200時間のうちのほとんどを医薬品関連の仕事につかえてたらいいとは思いますが、そうはいかないのが現状です。

ドラックストアではどうしても、品出しや棚替え、レジ作業などがありますので、医薬品に携わる時間がほとんどないですね。

月給20万もらえれば、それだけでいい。という人はおすすめかもしれませんが、それ以外の人は、非正規でもいいのかもしれませんね。

正規社員のメリット

正規社員は非正規と比べると、安定して給与はもらえることはできます。特に家庭を持っている方などには心強いですよね。

ドラックストア業界は右肩上がりですので、資格をもってれば、数年で店長にだってなることもできます。そうすれば年収400万以上もらうことも全然可能です。

また、福利厚生もしっかりしてるので、病気になったときでも手当がでたりするのも安心の一つですかね!

正規社員のデメリット

1番は『時間の自由がない』ですね。これはほとんどの正社員が感じることだと思います。

正社員だと1日8時間の週5日の勤務の会社がほとんどだと思います。

ある統計データで週30時間以上働くと生産性が落ちたりすることの研究データも報告されているので、いかに多くの時間を仕事に費やしているのかがわかりますよね。

1日の3分の1を仕事をしているので、時間という貴重な物を無駄にしているという点においては、デメリットと言えるでしょうね!

非正規社員の給料

非正規社員は主に時給で働く人のことを指します。

医薬品登録販売者の時給としては、平均すると900~1200円ぐらいになります。

これも例外があり、研究中か管理者かによってだいぶ変わってきます!!

研究中だとやはり一人立ちができないので、どうしても時給が低いですね。管理者の場合はそこそこの時給で働くことができます!

なので、研究中の人は早く管理者に慣れるようにしましょう。

非正規社員のメリット

これは、『自由な時間が多い』ことだと思います。

正規社員と比べると、時間や日数に縛られることが少ないので、時間を有効活用しやすいですね。

正規社員だとどうしても時間や日数に縛りがあるため、時間という観点では自由が少ないです。

なので、この空いた時間を利用して、読書をしたり新しいことを始めたりすることができるので将来的にみてもおすすめですね。

またストレスも少ないので、幸福度が爆上がりするのでいいですよね。

非正規社員のデメリット

安定した収入を確保できない

しかしこればっかりは今後正規社員でも同じことが言えます。

たしかに正規のほうが、雇用を切られる可能性は低いですが、それは若い時だけですね。

40代50代になってなにもスキルのない人材なんて欲しいですか?いらないですよね。

それは、医薬品登録販売者でも同じです。資格を持っていても知識がなかったら持ってないのと同じですからね。

非正規社員だとその空いた時間を使って副業なども始めれば、複数の収入の柱ができるので、ある意味安定した収入を確保することができます。

まとめ

結論。正規社員でも非正規社員でも安定は今後ない。ということです。

日本では、非正規社員だと生きづらいのが現状です。

ですが、僕自身、非正規のほうが、将来的に稼げる額は多いと確信しているのでこれからは非正規でも全然いいとおもいます!

そのためには、読書して知識をつけつけたりするのが大事かな。とおもいます

広めるのはここ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA