医薬品登録販売者の試験勉強はどこが難しいのか




こんにちは。

医薬品登録販売者の試験で一番難しい章はどこだとおもいますか?

答えを先に言うと『第3章です

第1章~5章まであるのですが、そのなかでも特に難しいのが、第3章になります。

主な医薬品その作用

ここの章になりますね。

そこで今回は、僕自身が独学で勉強していたときに、どうやって勉強していたかをこの記事で全部赤裸々に話していこうと思いますので、ぜひ興味がある人は最後まで読んでいただけると嬉しいです。

第3章が一番難しい

なぜ、第三章が一番難しいのか。

それは薬の成分などが入ってくるからですね。ほとんどの人がここで一番苦労します。

薬の成分は、カタカナが多くて頭の中の記憶に残りにくくて、覚えるまでに時間がどうしてもかかってしまいます

それに加えて似てる成分名が多くて、これがやっかいなんですよね~

僕自身も薬の成分はかなり時間がかかりましたし、現在でも完璧には覚えきれてません。

現場で実際に接客をして、徐々に覚えてきたというのが今の状態ですね!

なぜそんなに難しいのか?

薬の成分名が嫌というほど多いのが、原因だと考えています。

抗ヒスタミン成分、抗炎症成分、解熱鎮痛薬など胃腸薬、皮膚薬など言い出したらきりがないほどの分野があり、これらが第三章に含まれているので、難しくなります。

それに加えて、漢方薬、サプリメントなども含まれているので、正直数ヶ月で暗記できる量ではないのが現実ですね。

僕自身もこの分野は、特に時間をかけて力を入れて勉強してましたし、各章のなかでも一番勉強した割合は大きいかったですね。

じゃあどうすれば覚えれるようになるのか。

難しい分野をどうしたら、スムーズに覚えれるようになるのか。

これが知れたらかなり効率よく、勉強ができて自身がつくとおもいます。

それは2つの方法を上手く利用することで効率よく頭のなかに定着させることができるようになります。

結論から先に言うと

  1. 青いボールペンを使ってインプットする。
  2. 誰かに説明するようにアウトプットする。

この2つがとても重要になってきます。

僕自身もこれを意識しsて勉強しはじめてから、かなり点数なども上がりました。

最初は過去問解いてても50~60点だいだったのが、試験の一か月前とかは、100点だいばっかになってました。

最初は半信半疑でやってたのですが、結果に現れてきてからは、このやり方は正解だったな。と今思い返すと常々感じますね。

青色のボールペンを使ってインプットする

これは、前の記事にも書いたことなんですが、青色というのはリラックス効果あると言われています。

集中力が高まったりなどと物事を冷静に判断できるようにもなれます。

寒色系の色は、気持ちを引き締めるのにはとても効果的なのでとてもおすすめです。

普段赤色のボールペンなどの暖色系の色を使って勉強している人は、一度寒色系の色に変えてみてはどうでしょうか?

誰かに説明できるようにアウトプットする

一度頭のなかに記憶したことを整理して、説明できるようにすることで、定着率が格段に上がります。

これは、1人でもできる作業なので、独り言で話す感じで説明している風に話してみてください。

家の中だと恥ずかしい場合、車の中などで声に出してみるといいとおもいます。

これをやるかやらないかで、全然記憶の定着率が違ってきますのでぜひおすすめですよ!

この2つの事を効率よくやることで、あの膨大な量でもある程度は頭の中に定着させることができるとおもいます。

書いて覚えて言葉にだして理解する

これを意識しながら勉強してみてください。

6~7割ぐらいを目標に勉強する

100%でなにごともやろうとすると、正直疲れてしまいます。

試験で100点を目指す必要性はまったくなくて、満点でも合格点ギリギリでも

合格は合格ですからね。

それなら、6割ぐらいを意識して勉強すれば、気持ち的にも負担が減ると思うので意識してみてくださいね。

第3章は最後に勉強しよう

結論第3章は最後に勉強したほうがいいです。

なぜなら、

  1. 出題範囲がひろい
  2. 最初に勉強すると難しくて挫折してしまう

この2つがあるからですね。

出題範囲が他の章に比べると、範囲が広いので最初に手をつけて勉強してしまうと、試験が近くになるにつれて勉強したところがわすれていってしまうのでかえって2度手間になってしまいます。

ある心理学で、記憶についてのこんなデータがあります。

一度勉強した内容などは

  1. 1時間後には50%忘れる
  2. 24時間後には70%忘れる
  3. 1っカ月後にはほとんど忘れている

最初の段階で、必死に勉強して覚えても1っカ月後にはほとんど忘れてしまっているということです。

なので、一番重要な章は、できるだけ最後に勉強するようにしましょう。

まとめ

この記事はいかがだったでしょうか?

医薬品登録販売者を活かして仕事をするのは、とてもやりがいがあって楽しいです。

そのためには、日頃の勉強は欠かせません。

試験は年に1回しかないので、ぜひ今回書いた内容を活かしてみて勉強してみてくださいね。

きっと合格に近づけるようになりますよ!

広めるのはここ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA