登録販売者として管理者になるには2年間の実務が必要!




こんにちは。

登録販売者を目指す人が、ゴールの一つでもある管理者になるためにはどうすればいいのか。

この事を少し記事にしていこうと思います。

結論を先に言うと、トータルして2年間の実務経験が必要になります。

この2年間の実務経験が管理者になるために、ものすごく大事になってきます。

資格をとってすぐに管理者になれるわけではない。

登録販売者の資格は、受験するのに、年齢制限や、学歴は必要ないのですが、合格してからが大変になります。

上記にもあるように、すぐに管理者になれるわけではありません!

資格をとる前から、市販のお薬が置いてある、場所で勤務していたりする場合と、

資格をとってから、勤務しだす場合で、この管理者になるまでの期間が変わってきます。

ドラックストアなどで勤務していた人ドラックストアなどで勤務してない人
直近5年以内に2年以上(累計1920時間以上)の実務経験ありの場合、取得後すぐに管理者になれる。取得後、薬剤師や管理登録販売者の下で、2年間の実務経験が必要!

他の業種からの入社になると、資格を取得しても研修中からのスタートになるのでこの2年間で知識をつける必要があります。

研修中の段階で辞めて、宝の持ち腐れになってしまう人が多い、

登録販売者の資格をとったからすぐに接客で上手く話せるか。と言われると、難しいのが本音です。

テキストなどで勉強したからと言って、その内容通り、質問されることはほとんどないです。

現場に知識のある、登録販売者や薬剤師さんが常に常駐してる状態であれば、少しずつ知識をつけていくことはできるとおもいますが、

管理者でも、知識が全くない人もなかにはいます。

また、ドラックストアなどで働くと、お薬の接客業務以外にも、品出しやレジ、売り場づくりなどやることがたくさんあり、1日に2、3回お薬の接客ができればいいほうです。

それで、こんなはずではなかった。と愕然として、研修中の期間に辞めていく人が多いです。

登録販売者は管理者にあんってからが、スタートなので、研修中の時点で、どれだけお薬の知識をつけることができるのかが、大事になってきます。

資格をとる前にドラックストアなどでバイトしよう!

登録販売者の勤務先は、主にドラックストアがおおいです。

大手の企業になればなるほど、お薬の取り扱い数も多くなるので、いろんなお薬に触れることができます。

取得まえに、実際に現場で活躍している登録販売者さんを、見ておくことも大事な要素になります。

理想と現実のギャップを埋めるためにも、自分の目で見て確かめてみてください!

ある程度の業務をしってから、資格を取れば、研修中の期間で辞める可能性も少なくなりますし、業務内容を理解しているので、スッと入ることもできます。

管理者になればどこのドラックストアでも働くことができる

ドラックストアは全国にたくさんありますが、登録販売者の数が足りていないのが現状です。

どのドラックストアも管理者の登録販売者は欲しいですし、重宝されます。

管理者になれば引く手あまたなので、全国どこでも働くことができますし、なにより食いぱっぐれる心配が少ないです。

登録販売者はそういった意味では、エッセンシャルワーカーなので、おすすめですよ!

広めるのはここ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA