日常会話まで200時間?英語のスキルを頑張って習得して日本以外の考え方や価値観を知り、グローバルな人材を目指そう




最近は、英語(語学)のスキルを身につける人が増えてきています。

なんで英語のスキルを身に着ける必要があるのか。

これからの時代は、グローバル化が加速していき、外国人と仕事する機会が増えてくるからですね。

英語が話せるのが、こんご数年で当たりまえになってくると予想しています。

英語の習得までどのぐらいの期間必要なんだろう?

英語は書いて覚えるのか、聞いて覚えるのかどっちがいいの?

どこから手をつけたらいいかわからない

英語を話せるようになるとなにかメリットがあるのか

こんな疑問や不安について、深掘りしていきつつ、最後には英語を最短で習得しいく方法を紹介していこうとおもいます。

英語のスキルを身につけるだけで、人生が大きく変わること間違いないです。

今後の日本は移民が増えてくることを想定して、語学スキルを身に着けちゃいましょう!

日常会話まで頑張って話せるようになるには200時間

日常会話まで話せるようになるまでに200時間かかると言われています。

1日2時間の勉強で、3ヶ月ちょっと真剣に取り組めば、話せるようになりますね。

1時間なら、半年ぐらいなので、短期間で英語のスキルが身につくなら、コスパの良い投資ですよね!

筆者も毎日30分~1時間ぐらいの時間を英語学習に充ててます!

海外に行った時に、日常生活に困らない程度の英語スキルがあれば、海外をまた違う視点で満喫することもできますし、外国人と仲良くなれる機会も増えますよね!

日常会話って実際にどのレベルなのか

日常会話のレベルってどのぐらいなのでしょうか?

英語のスキルの証明にもなる、TOEICという試験があります。

A860十分なコミュニケーションがとれる
B730状況に応じて適切なコミュニケーションがとれる素地を備えている
C470限定された業務内での会話でのコミュニケーションがとれる
D220通常会話で最低限のコミュニケーションがとれる
Eコミュニケーションができない

上記のC、Dレベルまでのレベルまでの英語スキルがあれば、海外に行っても特別困ることはないのかなとおもいます。

しかし、頑張ってTOEICを勉強していても、まったく英語を話せないという方も中にはいるので、TOEICにそこまでこだわる必要はないのかな、と思います。

目的は英語を話せるようになることなので、そこは気をつけてください!

英語は耳で聞いて覚えるほうが効率がいい

英語の勉強をしていくと、困ることとして、勉強方法ですよね。

この結論として、リスニングでの勉強方法が一番効率がいいです。

英語を話せるようになるには、英語を聞いて覚えるほうが記憶に定着しやすいです。

赤ちゃんって最初の頃は、まったく話すことができませんよね?家族の言葉などを耳で聞いていくうちにだんだんと、話せるようになっていきますが、これは英語も同じなんです。

学生の頃って、英語のテストの点数が良い人でも、実際に会話ができるか、と聞かれたら、無理じゃないですかね。

これは、書いて覚えているだけの記憶なので、短期的な記憶でしかないからです。

英語を話せるようになるには、英語を聞いて覚えるほうが記憶に定着しやすいです。

一番の理想としては、外国人の人と会話することが、より短期間で英語習得になります。

頑張って英語の単語などを書いて覚えるよりかは、会話して覚えていくのがおすすめです。

仕事と同じで、実際にやってみること

これが一番大事です!

勉強方法がわからない人は、オンライン英会話がおすすめ!

頑張って英語の勉強をしたいけど、どこから手をつければいいのかわからない人は、オンライン英会話をやってみることをおすすめします。

このご時世なので、海外に行くことは難しいので、まずはオンラインでの英語学習です。

英語学習といいましたけど、会話する感じなのでおすすめですよ!

最初は、まったく話せなくて苦労しますが、毎日習慣化すれば徐々に話せるようになりますので、そこは将来の投資だと思って試してみてください!

世界中の4人に1人と会話ができる

英語は世界共通言語なので、英語を少しでも話せるようになれば、世界中の人と会話を楽しむことができますし、いろんな国の価値観を知ることもできます。

英語を話せるようになれば、もっと英語スキルを上げたいと思うようにもなり、ビジネスとしてのチャンスも生まれるかもしれません。

最初は、知っている単語を並べるだけの会話でも全然いいです。(現在の自分もそのレベルなので)

毎日の積み重ねで人は成長していきますので、コツコツとやっていきましょう!

個人がクローバルな人材になろう

これから先、グローバル化がますます進んでいくのは、間違いないです。

外資系の企業もこらmで以上に増えるでしょうし、外国の方と一緒に仕事することが、当たり前になってくると思います。

そんなときに英語のスキルがあれば、自分自身mグローバルな人材として、重宝されること間違いないです。

翻訳は感情までは、翻訳できないです。

相手と会話でコミュニケーションをとっててこそ、感情が通じあうのです!

これから先、なにか新しいことを初めてみようと考えている人はぜひ、英語の勉強をしてみてください。

広めるのはここ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA