登録販売者試験!独学で一発で合格した勉強法とおすすめ教材!【完全初心者向け】

登録販売者試験の勉強をしてて、どういった方法で取り組めば、効率よく最短で合格できるか知れたら嬉しくないですか??

よくある勉強方法として下記のことがよく言われますよね

よくある勉強法
  • ・とにかく過去問を解きまくれ
  • ・テキストは三週ぐらいするべき
  • ・ノートに書いて薬の成分を覚える

なんかザックリしていませんか?

この記事では、なんの知識もなかった自分が独学3ヶ月で合格した方法を紹介します!

この記事を読んでわかること!
  • 独学3ヶ月で一発合格した具体的な方法とそのポイント
  • 各章の効率の良い勉強法
  • 資格に合格した後もスキルアップするのにおすすめ本

効率の良い勉強法を知ることで、最短で覚えることができますよ!

登録販売者

登録販売者の勉強は大変だけど、効率よくやれば独学でも合格はできる資格ですよ!(現に、独学で合格している人はたくさんいますし、自分もその一人です)

登録販売者試験!独学勉強法のポイント!

まずは、独学の勉強法のポイントから深掘りしていきます!

ポイント
  1. 自分に合ったテキストを1冊選ぶ
  2. ノートに書いたりは基本しない
  3. 各章、全て暗記して覚えようとしない
  4. 過去問は5年分は解く

「ええ!そうなの?」と思うこともあるかもですが、効率よく勉強を進められる方法がこれになります!

登録販売者

ノートをとらなくても意外と薬の成分とかは覚えられるんですよ!

【厳選】自分に合ったテキストを1冊選ぶ!

まず、登録販売者の試験は、厚生労働省による『登録販売者試験問題作成に関する手引きから出題されます。

厚生労働省のホームページからPDFで無料のテキストとして使用することもできます。

しかし、あまり見やすくないので勉強がしづらく、あまりおすすめできないです。

テキストは市販で売っているものがおすすめですが、2つのポイントを重視して購入するようにしてください!

2つのポイント
  • 図などでの解説がしてあり読みやすいもの
  • カラー印刷してあるもの

登録販売者の内容は、人体のことを学んだりするので、文字だけでは理解がしづらいです。

図があるほうが、理解度が格段に上がるのでおすすめです!

登録販売者

テキストの背景もカラーのほうが記憶しやすいですよ!

登録販売者の独学におすすめテキスト【大多数がおすすめしている】

独学で合格した人の大多数が使用しているテキストをここでいくつか紹介していきます。

実際に私もこのテキストを使用して勉強もしていました。


この本はテキストのなかでも群を抜いてわかりやすいです。

図の解説以外にも、表などでまとめてあったり、可愛いキャラクターを吹き出しで補足してくれたりするので、読んでてとてもわかりやすかったです。

独学で勉強をしている人は、結構使ってるイメージがあります。

また、問題集も一緒についていて、しっかりと要点をまとめてあって、試験に出ることもある箇所をしっかりと押さえてくれているテキストです。

次におすすめのテキストがこれです⇩⇩


これを7日間やるだけで、受かるのはさすがに無理ですが、重要の項目をぎゅっとまとめて解説されているので、勉強の質や効率はかなりいいテキストです。

このテキストをセットにしている通信講座や会社からの支給品なども『7日間で受かる!登録販売者テキスト&問題集』であったりするので、短期間で効率よく勉強したい人にはおすすめです!

登録販売者

上記で紹介したテキストは解説等がわかりやすくて勉強がしやすいですよ!

ノートに書いたりは基本しない

勉強をする上でノートに書いたりして要点をまとめる人が多いと思いますが、正直やらなくてもいいです!

絶対にやらないでください

登録販売者試験の勉強内容は膨大の量ですし、そのほとんどが知らない内容だったりもします。

テキストの重要項目にマーカーや書き込みをすると、1ページ全てマーカー色で埋まってしまいます。

登録販売者

テキストがマーカーの書き込みで見えづらくなり、逆効果です、、

もしノートをまとめるのなら以下のポイントを意識してください!

ノートをとるポイント!
  • 自分でイラストなどを描いて理解しやすくしたいもの
  • 過去問で何度も間違ってしまったもの(3回以上間違えたら書いたほうがいいです)

テキストや過去問を読んだり、解いたりしたときにどうしてもわからない箇所はノートに書き留めておくと、あとで見直しができておすすめです!

各章、全て暗記して覚えようとしない

登録販売者試験のテキストを全て暗記できれば合格できるようになっています。

しかし、テキストの内容を一言一句全て暗記することは不可能ですし、実際に現場で活用する機会はほとんどないです。

各章の要点・詳細などをしっかりと絞って、押さえながら繰り返し何度も過去問などを解いていくほうが、効率がいいですし、実際に現場に立ったときに役に立ちます。

登録販売者

過去問をこなしていけば頻繁に出てくる問題なのがわかるのでそれを押さえて勉強するほうが重要ですよ!

過去問を解いてみて、わからない箇所があればテキストを見ながら理解していく。この流れで逆引きするのが最適です。

過去問は5年間分は解く

試験に合格するうえで、過去の試験問題を解くのは必須です。

過去問は最適でも5年間分を解くことをおすすめします!

自身が受験する県の過去問と、全国の過去問を5年間分試験前に解いておくことですね!

自分は愛知県で試験を受けたのですが

  • 愛地県の過去問5年間分
  • 全国の過去問5年間分

これら毎日解いてましたね。

テキストを書いて丸暗記するより、過去問を解いて覚えるほうが効率がよく、試験傾向を掴みやすいです!

なので、

ノートを取る必要がほとんどないのです

テキストと過去問を何度も勉強することで、頭のなかに定着していきます!

頻出される箇所も掴めるので、試験対策もばっちりです!

登録販売者

過去問をどれだけやるかで、合否の道は変わってくるよ!

過去問に多くの時間を割くようにしよう!

おすすめ過去問題集

過去問は解説付きのものを購入することをおすすめします!

過去問を解いても、解説がなかったら理解できずにただ、問題を解いているだけになってしまうので、合格はできたとしても、現場に立ったときに苦労します!


この問題集は、過去問題が試験に出る順番に並んでいるので、学習がしやすく効率がかなりいいです。

また、他の問題に比べて、解説がしっかりとしているので短時間で試験に合格したい人にはピッタリですよ!

解説には覚えやすいように、語呂合わせなども記載してあるのもおすすめの一つになります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

令和3年版 全国登録販売者試験過去問正解 [ 團野 浩 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2021/12/24時点)


こちらの過去問題集も使用している人が多いです。

その年度の全国の過去問が集約されているので、全国の試験をこの1冊で解くことができます。

また、解説も詳しく書いてあるので、間違えた箇所もわかりやすく学習することができます!

間違えた問題は、マーカーや付箋などを使っておくと見直しができて、『前回解けなかった箇所』として勉強することができるよ!

+α:映像教材を利用して理解力を高める

テキストや過去問での学習だとどうしても理解しにくいし、勉強がはかどらない人もいるとおもいます。

こうなってしまうと、勉強する気がなくなり、『やっぱ資格とるのやめようかな。』となってしまうかもしれません。

そうならないためにも、解説動画付きの映像教材の勉強も選択肢に入れておくといいですよ!

映像での学習方法になるので、テキストや過去問だけの勉強だけでは理解しづらかった箇所も、理解しながら学習を進めることもできます!

質の良い映像教材でおすすめなのがこちらになります!

受講者10万人を突破している映像教材で、スマホで学ぶことができます!

通常価格は24,800円ですが、現在キャンペーン中で2022年1月31日まで21,500円で受講できます!

短期合格の強い味方

スマートフォンひとつで受講することができるので、忙しくてなかなか時間が取れない人でも、スキマ時間で効率よく勉強することができます。

登録販売者

オンラインでいつでもどこでも講師に直接質問ができるサービスも実施しているから初めてでも安心して学習できるよ!

各章の効率の良い勉強法

各章の効率の良い勉強法
  • 1章は過去問解いてればある程度の点数は取れる
  • 2章は絵図などを描いて覚えるのがベスト
  • 3章はカタカナが多いので、語呂合わせなどを使って覚える
  • 4章は 過去問などで ひっかけの傾向を掴む

上記の通り勉強すれば84点(合格ライン)をとることは可能です!

とくに第3章は、薬の成分が出題されるので、多くの時間を割かないといけません。

語呂合わせや、映像教材などを利用して覚えるのが、一番効率の良い勉強法です。

登録販売者

覚えた内容を、誰かに説明するように口に出して話すと記憶に定着するよ!

人は覚えた内容を1日で約7割も忘れてしまう

ドイツの心理学、ヘルマン・エビングハウスが発提唱したのがこの『エビングハウスの忘却曲線』

人がなにかを学んだ時、『その記憶はいつまで頭の中に定着しているのか。』を調べたデータになります。

エビングハウスの忘却曲線
  • 1時後には56%忘れる
  • 1日後には67%忘れる
  • 1週間後には75%忘れる
  • 31日後には80%忘れる

このようなことがわかっています。

この事からなにが言えるのかというと、復習することがいかに大切か。ということなんです!

上の画像からもわかるように、一度学習した内容を復習することで、定着率の差が歴然となっているのがわかりますよね!

登録販売者

記憶に定着させるには復習が大事なんですよ!

登録販売者試験の1日の勉強時間

ちなみに、私が独学で勉強した1日の勉強時間は30分~1時間です。

1日の勉強時間

仕事の日:休憩中の30分

休みの日:朝起きて30分、夜寝る前の30分

このように仕事の日は、休憩中に勉強をして、休日は、朝起きてからと夜寝る前に勉強をやってましたね。

2時間も3時間も毎日やろうとすると、その日の気分や、仕事の疲れなどでできない日あるのでそこまでの時間は費やすことはあえてしなかったです。

量より質を求めて学習していた感じですね!

個人差や環境などの違いはあるので、この勉強法が100%正しいわけではないので、あくまで参考程度ですが、高卒の自分でもこのくらいの勉強時間で合格できたので、信憑性はあると思います。

30分だけなら、時間作るのはできますし、仕事の休憩中にやるようにすれば習慣化できるのでおすすめですよ!

登録販売者

1日30分でもやるとやらないとでは全然違いますし、日々の積み重ねが結果につながります!

資格に合格した後も、スキルアップのためにおすすめの本

晴れて試験に合格した人が陥りやすいのが、そこで勉強するのをやめてしまうことです。

『あんだけ、苦労して勉強したんだからもう勉強したくない。』と思う気持ちもわからなくはないですが、登録販売者の資格は、日々の勉強がとても重要になります。

現場に立って、お薬の接客をするようになると、わからないことが多々あります。

登録販売者

エビングハウスの忘却曲線を思いだしてほしい。覚えた内容は復習していかないと徐々に忘れてしまうのです!

これが原因で、

  • 薬の接客をするのが怖い
  • 名ばかり登録販売者が増えていく
  • せっかく苦労して取得したのに宝の持ち腐れになってしまっている

このようなことが起こってしまいます。

そうならないためにも、日頃からお薬の知識について学ぶことが大切なんです。

おすすめの本は下記の記事で紹介してますので、ぜひ読んでみてください⇩⇩

\医薬品登録販売者として現場に立つ人にぜひおすすめの本

登録販売者試験!独学で一発で合格した勉強法とおすすめ教材まとめ

今回は、登録販売者試験!独学で一発で合格した勉強法とおすすめ教材について紹介しました!

今回のポイントはここ!
  • 勉強は効率の良さを追求して学習する・ノートは基本とらない
  • テキストは自分に合うものを選ぶ・図やカラーのあるテキストがおすすめ!
  • 全ての内容を暗記する必要はない(エビングハウスの忘却曲線を理解しよう)
  • 過去問は解説付き・5年間分は解きまくる
  • 1日の勉強時間を確保できる環境を作る・仕事の休憩中とかがおすすめ
  • 合格した後もお薬の勉強は必要

登録販売者の試験の合格率は平均40~50%なので、比較的難易度は高くはないです。

しかし、勉強をしても不合格になる人もたくさいるのが現実でもあります。

資格の勉強は苦痛ですし、辛いことも多いですが、合格した時の達成感は凄いですし、自信にも繋がって今後の役に立つこと間違いなしです!

しっかりと勉強法を把握して学習すれば独学でも合格できる試験ですので、ぜひこの記事を参考にして勉強頑張ってくださいね!

登録販売者

勉強は大変だけど、合格した時の達成感はすごいですよ!

広めるのはここ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA